ファインドジョブ

ファインドジョブは、日本最大級のデジタル系求人情報サイトで、株式会社mixiが運営しています。 ファインドジョブの得意分野はITベンチャー企業で、ITベンチャー企業について未経験者向けからプロフェッショナル向けまでの求人情報を幅広く紹介しています。

さらに多様な働き方に対応し、クリエーターやエンジニアだけでなく、ファインドジョブの事務系や営業・企画系の求人情報も充実しています。

また、ファインドジョブでは転職や派遣からアルバイト、新卒、SOHOなどのあらゆる雇用形態の情報を扱っており、RSSによる求人情報の配信や、Google Maps APIを利用した地図検索も実施するなど、かなり先進的な求人情報サイトです。

さらにさらに、ファインドジョブは情報の鮮度も高く、クリエーター・事務・エンジニアの転職・アルバイト・派遣・SOHO・就職の一日約300件の求人情報がリアルタイムで更新されています。

まだまだあります。ファインドジョブのサポートコンテンツの「Web履歴書コーチ」「検索キーワードランキング」「ビジネスマナーテスト」「仕事探しQ&A」等が充実しており、これらのサポートコンテンツは仕事探しをしているあなたを強烈に支援してくれることでしょう。

はっきり言って、使えるサイトです。


ファインドジョブのWEB履歴書

ファインドジョブ(求人情報Find Job !)に掲載されている全ての求人情報には、インターネットを通じて応募ができるようになっています。

インターネットを通じての応募の際に便利に使える機能の一つがWeb履歴書です。Web履歴書は応募した企業の人事担当者に、あなたのスキルやキャリアを伝える、いわば履歴書・職務経歴書としての役割を果たしており、実際の履歴書と同じように、プロフィール、スキル、資格、職歴、志望動機などを入力していくことになります。

つまりファインドジョブのWeb履歴書は、みなさん自身を企業に売り込むためのプレゼンテーションツールといえます。

Web履歴書の書き方1つで、希望の仕事に就けるかどうかを分けるポイントになることもありますので、より効果的な書き方などマスターするととても約にたちます。

ファインドジョブには履歴書の注意すべきポイントや職種別記入法など、丁寧にレクチャーしてくれるコーナーがありますので是非使い倒して履歴書の書き方をマスターして自分を効果的にプレゼンしていきましょう。

ファインドジョブとミクシィの相乗効果はあるのか?

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)最大手の「mixi」(ミクシィ)が2007年5月に1000万人のユーザー獲得を達成したとのニュースがありました。2004年2月の立ち上げからわずか3年余で達成し,今もなおユーザー数を伸ばしており、さらに約6割がアクティブ・ユーザーで,月間の利用時間は3時間超というのですから、「すごい」の一言です。

ところで、この勢いは決算にも現れていて、ミクシィ社決算のセグメント情報を見ますと、2005年3月期の売上高は、ファインドジョブ部門・ミクシィ部門の順番でいうと、6.8億円:0.1億円で、ミクシィ部門の売上高は、会社全体の1.8%に過ぎませんでしたが、2006年3月期には、売上高6億円で全体の34%、そして2007年3月期には、売上高38.8億円と、前年比605%、全体の74%と、成長を続けているファインドジョブ部門をあっさりと抜きさってしまいました。

果たしてこの勢いはどこまで続くのか?また、気になるのは、ミクシィとファインドジョブに果たして本当に相乗効果があるのか?今後とも注視していきたいと思います。

ファインドジョブとミクシィの関係

株式会社ミクシィの創業事業である、IT系求人情報サイト「ファインドジョブ(Find Job !)」は、インターネットに特化した求人情報提供サービスです。ファインドジョブはサービス開始以来、IT系ベンチャー企業等を主たる顧客層としていて、「エンジニア」及び「クリエーター」等のいわゆるIT系、といわれる職種が中心であるのに加え、IT系ベンチャー企業等の事務系の職種や営業系職種・企画系職種の
求人情報が充実しています。

ここで、最近成長著しいミクシィとファインドジョブとの相乗効果ですが、ファインドジョブの事業運営においての広告媒体として、自社が運営する「(ミクシィ)mixi」を活用することにより求人企業及び求職者獲得のための広告宣伝費を抑制したり、 求人企業が求人広告の掲載申込みから求人情報入力までをWeb上で行うことにより人件費が抑制できたり、このような、求人企業に対する低価格サービス、が激しい競争環境におかれている求人情報競合他社との差別化要因とな
っています。

また、ファインドジョブのその他の特徴としては、(1)営業時間内の求人広告掲載申込みに対しては、必要な審査を実施した上で原則として3時間以内に掲載開始すること、(2)登録求職者の匿名の履歴書データを求人企業が検索して求職者にアプローチするスカウトメール機能、 などがあり、利便性及び信頼性が高く、ユーザーのニーズにこたえる姿勢がうかがえます。

株式会社ミクシイ

株式会社ミクシイは、イー・マーキュリーとして創業しました。mixiの他、IT系求人サイト「ファインドジョブ(Find Job!)」の運営を行っています。ファインドジョブ(Find Job!)に掲載された求人情報はYahoo! JAPANを始めとする各種ポータルサイトにも提供しているほどです。ですが、mixi事業を事業展開の柱として位置づけ、2006年2月1日に現社名に変更しました。

ミクシイの概要

会社名称:株式会社ミクシイ
(東証マザーズ 2121 2006年9月14日上場)

所在地:東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号
渋谷マークシティウエスト19階

設立: 2000年(平成12年)10月25日
(株式会社イー・マーキュリーとして設立)

事業内容: ソーシャル・ネットワーキング・サービス事業、求人広告事業

いずれの事業にしても、ミクシイの収入源は広告収入のようですね。

ファインドジョブはミクシー創業の事業

ファインドジョブといえば、特にIT業界に強い転職サイトとして確固たる地位を築いていますが、これがミクシイ(mixi)創業の事業といってもいいものだというのを皆さんはご存知でしょうか?

創業者の笠原氏が大学在学中にメール配信からはじめたファインドジョブを引っさげ、ミクシイ前身のイーマーキュリーを創業したのは1999年のことです。

その後ファインドジョブはIT特化の転職サイトとして、リクナビネクスト、enの総合2社に次ぐ確固たる地位を堅持するまでに成長しました。

一方でファインドジョブからさらに一段の成長を期して立ち上げたSNSのミクシイが大当たりして、2006年には社名もイーマーキュリーからミクシイに変更するまでになったのは記憶に新しいところですね。
ファインドジョブで仕事探し
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。